健康診断の”検便”で分かること・注意すること

便潜血反応検査(大腸がん検診)について

 

陽性=100%大腸がん、、、ではない

健康診断で大腸癌検診として実施されているのが、この便潜血反応検査となります。多くの検診では便を別々の日付に採取する2日法が主流ですが、このうち、1回でも陽性反応が出た場合は陽性として取り扱われ、精密検査を受ける必要があります。仮に100回行いそのうち1回が陽性であったとしても判定は陽性となることを十分にご理解ください。

また、陽性であった場合の精密検査は再度便潜血反応検査を実施することではなく、つまり便に血が混ざるかどうかを知りたいのではなく、大腸癌があるかないかを知りたい検査ですので、大腸に対しての直接の検査、具体的に言うとバリウムによる注腸検査か大腸内視鏡検査となります。

精密検査

しかし注腸検査を行い、ポリープなどが疑われるとさらに大腸内視鏡検査による精密検査が必要となることや、少なからず被爆の問題があることから、一般的には大腸内視鏡検査による精密検査をすることが勧められます。
大腸内視鏡検査による精密検査

 術後であったり、過去の内視鏡検査が非常につらかった方などに限定されて実施されることとなりますが、近年カプセル内視鏡検査が認められるようになってからはこちらがそれに代わってくる可能性もあり、注腸検査は少なくなっております。

陽性の1~3%が大腸癌

 便潜血反応検査陽性となってもその時点ですべてが癌であるわけではありません。報告により差がありますが1~3%が大腸癌です。しかし、その他でも大腸ポリープ・大腸憩室・痔・潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患といわれる病気など以下にある様々な病気が隠れている可能性があります。逆に癌であっても便潜血反応検査陽性とならないものもあります。進行癌の約10%・早期癌の約50%とも言われます。

そのような場合、原因は痔であったものの、潜血の原因ではなかったものの奥に大腸癌が見つかることも珍しくなく、大腸癌の元とも考えられる大腸ポリープとすれば、より頻度が高くなります。

がんが見つかったら早期発見早期治療

 まずは便潜血反応検査陽性であれば痔だと思って放置したり、再度便潜血反応検査を行ったり、癌を怖がって受診を控えたりすることなく、しっかりと精密検査をお受けになることを推奨いたします。癌検診の目的は受けることではなく受けた結果、精密検査が必要であればしっかりと受けて癌を早期発見早期治療していくことが目的です。

小腸の出血

小腸の検査について

 その上で、大腸に出血の原因がない場合に小腸が出血の原因であることがあります。かつては口から進めても肛門から進めても最も遠くにあり検査を行うことが困難であったことから暗黒の臓器を言われていた小腸も、最近ではカプセル小腸内視鏡ダブル(シングル)バルーン小腸内視鏡が開発されたことにより多くの病気が見つかるようになってきています。

 主に上部消化管内視鏡検査・下部消化管内視鏡検査を行っても原因不明の消化管出血の原因を検索するために調べられることが多く、angiodysplasiaやangiectasiaと呼ばれるような異常血管・小腸腫瘍・小腸ポリープ・クローン病やベーチェット病といった炎症などがあります。

異常血管は小腸では多発する傾向が多く、しっかりと治療をしないと繰り返してしまうという報告があります。小腸腫瘍は全悪性腫瘍の約0.5%・全消化管の癌では約2%と決して多くはありませんが、腫瘍の60%が癌と悪性度が高いです。

十二指腸>空腸>回腸の順に多いです。小腸ポリープは腫瘍性でないものであっても腸重積(腸の一部がさらに腸に潜り込んでしまって食べ物が通らなくなってしまった状態)や貧血の原因となることがあって治療を必要とすることもあります。クローン病やベーチェット病は慢性の病気であり、継続して治療する必要があります。

カプセル型小腸内視鏡検査

 このようなものに対して、当院ではカプセル型小腸内視鏡検査を行って検査をしております。ただし、腸の通過障害を疑うような方は行えない、あるいは前もって通過を確認するようなパテンシーカプセル(使用するカプセルと同じ大きさですが、時間が経つと溶けてくるカプセル)を使用して通過確認をさせていただく場合がございます。