健康診断で腎機能障害や腎機能低下を指摘されたら

藤井 琢磨藤井 琢磨 医師井土ヶ谷ふじい内科 院長

健康診断で腎機能障害や腎機能低下を指摘されることがあります。かかりつけの先生に採血の結果で、腎臓の働きが弱いと説明を受けることもあります。
「経過を見てください」「様子を見ましょう」と言われてどうしたらいいのか心配される方が多いです。

どうすればいいでしょうか?
腎臓という臓器の簡単な説明から当院での対応の仕方・考え方を含めて説明させていただきます。

腎臓について

腎臓は、腰のあたりで左右にある約10cmぐらいの臓器です。主に、おしっこをつくることで体内の無駄な水分や老廃物を捨てています。他にナトリウムなどのイオンの調節、酸性・アルカリ性のバランスの調節、赤血球産生の調節など多彩な働きをしています。

おしっこをどのようにつくっているでしょうか?

下図のように腎臓に血が流れるときにだんだん血管が細くなっていき、糸球体という毛細血管の塊になります。この毛細血管の隙間から、血液からこしておしっこを作っています。この糸球体が腎臓1個に100万個あります。腎臓は、おしっこを作るために血管の塊のようになっています。
腎臓の構造 腎臓の構造

腎臓の働きの評価の仕方について

腎臓の働きは、血液のクレアチニン(Cre)の値から計算します。クレアチニンは、筋肉で産生する物質で血液を介して尿中に捨てられます。腎臓の働きが落ちることで、捨てられなくなり血液にたまるようになります。

つまり腎臓の働きが落ちると血液のクレアチニンが上昇します。そのため、血液での数値から腎臓の働きを推測することができます。ただし、クレアチニンのままだと数値の少しの違いが、腎臓の働きの大きな違いとなるためわかりにくいです。

そのため、クレアチニンの値から腎臓の働きを計算して評価します。
式は eGFR (ml/分/1.73 ㎡) = 194×Cr-1.094×年齢-0.287 (女性はさらに×0.739)となります。

※インターネットで簡単に計算できるサイトがあります。eGFRの解釈は後述しますが、90-100ぐらいが正常範囲です。

例えば
20歳男性;Cre 1.0 eGFR 82.1
80歳女性;Cre 1.0 eGFR 40.8と同じクレアチニンでも腎臓の働きはかなり異なる値になります。

20歳男性;Cre 0.8 eGFR 104.8
80歳女性;Cre 1.0 eGFR 82.1とクレアチニンの少しの違いで、腎臓の働きがかなり異なる計算にもなります。

腎臓の働きの解釈について

上記で示したクレアチニンから計算する腎臓の働きの値eGFRをどう解釈するかについてです。eGFRは腎臓の働きが正常であれば90-100ぐらいです。

そのためeGFRが腎臓の働きのパーセンテージと考えて問題ないです。つまりeGFR 60であれば、60%ぐらいの働きです。この働きが正常であれば、加齢に伴い2年に1ぐらいのペースで落ちていきます。

しかしながら、腎臓の働きを悪くする病気などがありeGFRが50-60以下になると、平均的には1年に3-5も低下していきます。もっと早い場合も遅い場合もあります。腎臓の働きが落ちれば落ちるほど、より働きが低下しやすくなってしまいます。一般的にはeGFR 5-10程度まで落ちてしまうと透析や移植が必要な状態になります。

そのため、3か月以上eGFR60未満が続く場合を慢性腎臓病と定義して、積極的な治療が勧められています。実際に健診で腎臓機能異常を指摘されることが多いのは、eGFR 60未満あるいはそれにみあったクレアチニン上昇を認めるときです。

これは、現実的な対応ですが、正常の腎臓でも時間とともに徐々に腎臓の働きが落ちていくことを考えると年齢ごとに考え方は異なるべきだと考えます。

具体的には、20歳の方のeGFR 60と80歳の方のeGFR 60では意味が異なります。80歳の方では、年齢平均に近く自然な経過とも考えられます。20歳の方では、明らかに機能が低下していると考えます。年齢ごとに正常値や平均値を提示すると煩雑になるため、年齢によらずeGFR 60未満が異常と判断されています。